憂鬱な1日

外はどんより薄暗い鼠色の厚い雲に覆われているし、霙まじりの雨で外も寒い。
気分はただでさえ落ち込み気味なとこにもってきて、姉の愚痴を朝から聞く羽目になり、いやな感じのスタート。
朝ごはん前に、ネチネチと昔あった嫌だって事、自分の可哀相話、悲劇のヒロインぶって、耳にタコができるぐらい聞いた話を延々と話す。

聞いている方が疲れるし気が滅入っくるので、途中で遮るとますます長引くので仕方がなく話を聞き、胃のあたりが重くなりながら30分聞いた後の朝ごはんは全く食欲湧かないし、食欲が無くなる。
本当にしんどい。

しかも、まだまだ今日の予定は最悪で、姉の精神科に付き合うのだが、ストラッシュの脱毛は混むし朝が早い。
先生の面談前にカウンセリングなのだが、話が長い姉は一時間半ぐらい出てこない。カウンセリングだからまぁあまり早いとそれはそれで変だけど。

その後先生の診断こちらもロングバージョンで一時間。朝の早よから憂鬱な気分で、半日が終わり、先生とカウンセリングさんの話をまた私に話してくる姉。

毎日しんどいのに今日は更に酷い。まったく最悪な1日、良いことが何もないし非常に疲れた。