学生のように、図書館で勉強タイム

二週間後に控えた資格試験の勉強のために、図書館に行ってきました。
半年ほど前に改装した図書館は、自習用の机がたくさん用意されていて、静かに作業をしたい時にもってこいです。

平日の昼間であれば利用者も少ないので、毎日のように通っています。
図書館までは、天気がよければ歩いて行きます。30分程の、ちょうどいいウォーキングになります。この季節にしては暖かい日で、散り始めた街路樹が美しく、ただ歩いているだけでも楽しい時間でした。

この暖かい気候が、図書館に着いてから仇となります。窓からの光が心地よく、勉強用のノートを広げて早々、睡魔がやってきました。
このままではせっかく来たのに捗らない、と考え、カフェスペースに移動しました。

あたたかい紅茶を飲んで目を覚まし、リフレッシュした気分で席に戻りました。
学生の頃は何も感じませんでしたが、こうやってひたすら勉強に集中できる時間が持てるというのは、とても贅沢なことです。

仕事と並行しても、何歳になっても、興味のあることの勉強は続けたいと思うようになりました。この図書館には、この先何年もお世話になりそうです。