またか・・・スメハラだってば!

それはタクシーに乗った瞬間でした。むせるように臭い、タクシーの中の空気…これは一体何なのか。
私は息を止め必死の思いをして目的地までたどり着くと、「ありがとうございました」と言って、すぐさまタクシーを降りました。
降りてすぐに吸った、新鮮な空気のおいしさといったら…そんな爽快な気分を味わうと同時に私はタクシーの運転手さんに対して一種の罪悪感を感じてしまったのです。
でもどうしようもできません。臭いものは臭いんです。
後で知ったのですが、おそらくあのタクシーの運転手さんは歯槽膿漏だったんだと思います。
歯槽膿漏は歯周病菌が歯茎の奥に入る込むことによって骨を溶かし、根元から歯を溶かしてしまう恐ろしい病気です。
私は歯周病があそこまで臭くなるものだと思いませんでした・・・
これぞスメハラです。